女性がセックスでイクための疑似的なオナニー方法

一人エッチではイケるのにセックスではイケないと悩んでいる女性は大勢います。男性に問題がある場合もありますが、女性自身の一人エッチのやり方に問題がある場合もあります。今回は、女性の一人エッチの重要な役割についてお話します。

 

エッチ(セックス)でイケない女性が抱える悩み

冒頭でセックスでイケない女性が多いことに触れましたが、あるサイトのアンケートによると1,000名のエッチ経験のある女性のうち約7割がエッチでイケないという結果が出ています。ここでは、エッチでイケない女性が抱える悩みについてお話します。

 

そもそもエッチでイク必要があるのか

そもそもエッチでイク必要があるのかというと答えはYESです。エッチで彼と二人で一緒にイクことは女性にとって最高の幸せと言えます。また、一人エッチでイクことを知っているなら、なおさらエッチでも同じようにイクことを体は望みますし、気持ちも望みます。

 

ちなみに、エッチでイケない場合は、体が悶々としたままになります。彼は射精によってイッているのをみると物足りなさを感じます。

 

一人エッチのイクとエッチのイクの違い

ところで、一人エッチでイクこととエッチでイクことは似て非なるものです。一人エッチでイクことは、自分の思い通りに性感帯を刺激することで得られます。一方、エッチでイクことは、男性側の性感帯への刺激で得られます。ただし、彼とのエッチだからといって必ずしもイケるわけではありません。

 

残酷な話ですが、彼のエッチへの考え方によって、女性がイケるかイケないかが変わってきます。

 

女性が性的興奮を感じるメカニズム

エッチでイクためには、女性がどうすれば感じて、どうすればイケるかを知っておくことはとても重要です。ここでは、女性が性的興奮を感じるメカニズムについてお話します。

 

女性は脳で感じる

女性は、基本的には脳で感じると言われています。キスをしただけで膣が濡れたり、エッチを想像することで乳首やクリトリスが勃起したりします。女性は、エッチの前やエッチの最中に脳でさまざまなイメージをします。キスをしただけで濡れるのは、キスをすることでこれから起こる快感をイメージしているからと言えます。

 

女性がエッチのときに電気を消す意味

女性がエッチのときに電気を消したがるのに対して、男性は電気をつけておきたがるといいます。前項でも触れたとおり女性は脳でイメージしながら性的興奮を得ているから、一方、男性はエッチをしていることを見て性的興奮を得ているからと言えます。

 

エッチでイクためには一人エッチが重要

エッチでイクためには、エッチでイケる一人エッチのやり方を考えることが重要です。ここでは、エッチでイケる一人エッチの方法についてお話します。

 

性感帯を開発してイキやすい体に

女性の性感帯が開発されていなければ、イク事は難しいです。クリトリスにしろ、膣内でのGスポットやポルチオにしろ、イク経験をしていなければ、エッチで急にいく事は難しいです。なので、自分の体の性感帯を開発をする事もエッチでオーガズムを迎えるには大切なことです。

 

一人エッチは感じにくい性感帯を開発するにうってつけなので、一人エッチ(オナニー)にて性感帯を開発してイキやすい体にすることで、男性からの行為でイキやすくなりますね。

 

指を使って自力でイク事が難しい場合は、より刺激性が強いアダルトグッズを使うことで、よりイキやすい刺激を体に与える事も出来ますし、Gスポット用、ポルチオ用と性感帯開発としてアダルトグッズはかなり活用出来ます。

 

8つの女性用アダルトグッズ別のメリット・デメリットについて【大人のおもちゃ】

2018.12.26

 

エッチ(セックス)のための一人エッチを心がける

一人エッチの目的は、自分の思う方法で性感帯に刺激を与えてオーガズムを得ることです。一方のエッチは、男性に性感帯を刺激してもらってオーガズムを得ます。言い方を変えると、一人エッチは自分の思い通りにできますが、エッチは彼にも合わせなければならないということです。

 

できるだけエッチ(セックス)と同じシチュエーションを心がける

エッチでは自分の思いどりいにできないこともあるので、一人エッチでもエッチを想定した一人エッチを心がける必要が出てきます。たとえば、エッチのときによくする姿勢で一人エッチをすることや彼とのエッチの際の愛撫の順番に合わせること、さらに電気をつけたまま一人エッチをしてみることなどです。

 

刺激方法についても大切ですが、こういった外的要因も大切になるんですね。

 

特に女性がオナニーのイク体制、として足を伸ばす足ピン状態が多いです。それを繰り返していたら、気付いたら足を伸ばさないとイけなくなってたって事もありますので、気を付けましょう。

 

女性がエッチでイクためには男性の協力が必須

前項までは女性が男性に合わせることをお話しましたが、ここでは、男性に協力してもらうことについてお話します。

 

二人で一緒に楽しむことが重要

女性がエッチでイクためには、女性がイケる雰囲気や刺激を与えられるかにかかっています。この要件の多くは男性のエスコートでうまくいきます。そのため、男性にも女性をイカせたいと思ってもらうことと女性をイカせるための探究心を忘れないでいてもらうことが重要となります。

 

女性がオーガズムを迎える為には、男性に協力してもらわなければならないのですが、そもそも協力体制が無い場合や男性の協力が合ったとしてもどうにもならないケースも出てきます。まずは、男性に協力してもらえないケースですが、エッチのときに射精することだけを望んでいることです。

 

このような男性の場合は、女性をイかせようとは思っていないので、協力は望めません。また、自分がイケばエッチは終わりとなります。もう一方の男性の協力ではどうにもならないことですが、男性の性経験が浅いことによるテクニック不足が原因です。

 

男性の経験が浅い場合は、こちらが望むことをお願いしてもそもそもできないことがあります。たとえば、挿入後にすぐイッてしまう男性や性感帯への愛撫が拙い男性が該当します。これらのケースでは、男性側に協力をお願いしても望む結果を手に入れられる可能性は低くなってしまいます。

 

しかし、そういった場合には、男性にアダルトグッズを使ってもらうことで女性はオーガズムを迎える事が出来ます。下手な男性であっても、当てる位置や強ささえ間違えなければ、アダルトグッズが刺激を与えてくれる為、女性はイク事が出来ますね。

 

下記の記事では、より詳しく女性がセックスだとイケない原因を男性要因を含めて書いています。

男のせい?セックスでイけない女性の4つのパターンと7つの原因

2018.02.09

 

一人エッチをする女性へのマイナスイメージの払拭

一人エッチをしている多くの女性は、一人エッチをしていることを「恥ずかしい」「後ろめたい」と感じています。ここでは、女性が感じている一人エッチに対するイメージを払拭することについてお話します。

 

「恥ずかしい」「後ろめたい」をなくす

多くの女性のはひとりエッチに対してマイナスのイメージを抱えていますが、実はこのマイナスイメージが、エッチでイケない理由になっていることがあります。というのも、エッチでイクことが「よくないこと」「はしたないこと」というイメージにつながっているため、エッチでもイクことに躊躇してしまうからです。

 

まずはこのマイナスイメージを払拭することから始めなければなりません。そのためには、ほかの女性がどう考えているかを知るといいかもしれません。

 

一人エッチをしている女性は意外と多い

人によって感じ方はさまざまですが、一人エッチをしている女性は、意外と多く、あるサイトの女性会員に行ったアンケートでは、全体の約7割が一人エッチ経験者という結果になっています。また、一人エッチでイッたことがあるという女性は、一人エッチ経験者の約7割で意外と多くの女性が、一人エッチを経験していてかつイッたことがあるという結果になっています。

 

ということで、恥ずかしいことでも後ろめたいことでもないということを認識し、徐々にでも払拭することが大事です。

 

アダルトグッズを活用して1人エッチを充実させよう

多くの女性が興味持っているアダルトグッズですが、機能や形など多種多様なタイプが販売されています。ここでは、アダルトグッズの活用方法についてお話します。

 

通販サイトで手軽に購入可能

通販サイト大手のアマゾンや楽天市場などでは、アダルトグッズの人気ランキングが集計されています。言い方を変えると、通販サイトでも人気ランキングになるほど売れているということと、通販サイトでも購入が可能だということです。また、女性用アダルトグッズ専門サイトも複数ありますし、女性のアダルトグッズの需要は本当に高いですよ。

 

家族にバレずにアダルトグッズ・大人のおもちゃを購入する方法3選

2018.05.10

 

使い方を工夫してエッチでイける体に

アダルトグッズと聞くとヘビーな使い方を想像するかもしれませんが、日頃の一人エッチのちょっとしたサポートとして取り入れてみると新たな感覚を手に入れられます。

 

というのも、アダルトグッズは大きく分けると「バイブ」と「ローター」に分けられます。それぞれ特徴がありますが、アダルトグッズを利用することで指にはない振動や動きを味わうことができます。オナニーによって自分を開発する際にもアダルトグッズを利用することは特に有効的です。

 

【画像】女性用の大人のおもちゃ(オナニーグッズ)6種類とイク為の方法・コツ

2018.06.30

 

男性に協力を求める際にもアダルトグッズを取り入れることで、新たな刺激を共有することもできます。アダルトグッズを利用して、新たな性感帯の開発や刺激を手に入れてください。