洗いすぎは逆効果!女性器を清潔に保って臭いを落とす方法

女性の他人に相談しにくい悩みの1つにデリケートゾーン(陰部・マンコ・性器)の臭いがあります。デリケートな場所のため家族にも相談できず、いざ彼氏とお付き合いを始めてから気になるようになってしまう方も多いでしょう。

 

魚が腐ったような臭いが強いと、彼氏とお付き合いを始めて夜のお誘いをうけても応じずらくなってしまいます。それどころか、いざという時に彼氏から臭いを指摘されて頭の中が真っ白になってしまうかもしれません。

 

そんな悩みからあなたを解放するため、今回はアソコの臭いの原因と対策についてお話ししたいと思います。

 

そもそもデリケートゾーンは臭うのが当然だった!? 知られざる臭いの原因

まず、女性器の周辺というのは臭いがするのが当たり前です。オシッコや下り物が付着するというのもありますが、アポクリン腺という幹線があるのが最大の理由です。

 

女性器周辺の臭いは本来異性を引きつけるフェロモン!? アポクリン腺の秘密

アポクリン腺は体臭の原因となる汗を分泌する役目を持っています。アポクリン腺が大量にある場所といえば脇の下です。いわゆるワキガの原因ですね。ワキガの原因となる汗を分泌する腺があるのですから、女性器周辺が臭くなるのは道理なんです。

 

なぜ、そんな臭いがする汗が脇の下や女性器周辺から出ているのでしょうか。実はこの臭い、本来なら哺乳類にとっては異性を引きつけるフェロモンの役割を果たしているのです。

 

ところが、人間の場合その役目が退化しており、異性を引きつけるどころか嫌がられる臭いになってしまっているのですね。なんとも理不尽な話です。もっとも人間の中にも異性のワキガやデリケートゾーンの臭いが大好きという方もいるようですが。

 

余談ですが、通常の汗はエクリン腺から排出されます。こちらは体温調節のための汗ですからほとんど臭いません。汗をかいても臭いがあまりしない人の脇は、アポクリン腺が少なく、エクリン腺が多いと考えられます。

 

いずれにせよ、女性のアソコがある程度臭うのは当然のことで、異常でもなんでもないと知っておくことが大切です。

 

セックスをしたあとの精液も臭いがあります

女性には実感しづらいのですが、精液にも臭いがあります。特にコンドームを使わずにセックスをした場合、しばらくして精液が体外に排出されますので、普段の下り物とは違った臭いの液体が出てきます。

 

この時、精液は白ではなく透明になっていることがほとんどです。精液にも臭いがあることは当然ですので、これも異常ではありません。

 

洗い方次第では逆効果!? 女性器を洗う3つのコツ

いくら元々はフェロモンだといっても、人間にとっては特殊フェチ出ない限り不快な臭いです。少しでも臭いを抑えたいと考えるのは当然でしょう。

 

女性器を洗うことはとても大切です。ですが、女性器は洗い方を間違えると逆効果になってしまいます。ここでは洗い方の基本を抑えましょう。アポクリン腺からの排出液はともかく、恥垢はきちんと落とさなければ、雑菌の繁殖の原因となり不健康です。

 

コツその1 一般の石けんやボディソープの使用は厳禁。お湯か専用の石けんで優しく洗おう

デリケートゾーンを洗うとき、一般の石けんやボディソープを使っている方はすぐにやめてください。なぜならば、一般の石けん類を女性器周辺に使用すると常在菌を殺してしまうからです。

 

常在菌が減ると女性器や尿道が細菌汚染しやすくなります。細菌汚染すれば、臭いはかえって強くなります。つまり、石けんやボディソープで洗うと、逆にデリケートゾーンは臭いが酷くなってしまうのです。

 

また、常在菌がいなくなると膣の中や尿管の中で感染症が起きてしまうリスクが増します。こうなると臭いがどうこう以前に病院で治療を受けなければなりません。デリケートゾーンは石けんなどを使わずにお湯で洗いましょう。

 

それでも汚れや臭いが気になる方は、デリケートゾーン専用石けんを使用します。デリケートゾーン専用石けんは膣などの常在菌を殺さず、汚れだけを落とす専用の石けんです。

 

コツその2 膣の中は洗わない

一生懸命洗っているのに臭いが取れないと悩んでいるそこのあなた。膣の中までお湯を入れて洗っていませんか? 膣の中は常在菌がたくさんいて、酸性に保たれています。膣の中の常在菌を洗い流してしまっては雑菌が繁殖してしまいます。

 

膣の中は基本的に洗う必要はないんです。雑菌が繁殖すれば臭いが余計増えるだけでなく、細菌性膣炎やカンジタ膣炎などになってしまうリスクが増します。

 

また、水流が強すぎるシャワーで洗うと、お湯が自然と膣や尿道に入ってしまいます。これはもう、雑菌を膣や尿道に流し込んでいるようなものです。シャワーの水量は少なめにして優しいお湯で流しましょう。

 

コツその3 小陰唇やクリトリスは指で優しく広げて洗おう

小陰唇やクリトリスの周辺は重なっている部分も多く、優しく流しただけでは恥垢が落ち切りません。とはいえ、水量を増やすのはNGです。

 

指の腹でやさしく広げてなでるように汚れを落としましょう。この時、大切なのはデリケートゾーンの前に指を丁重に洗っておくこと。雑菌の付いた指で洗ったのでは逆効果になってしまいます。

 

デリケートゾーン周辺が臭う原因は? 洗浄以外の要因

デリケートゾーン周辺はある程度臭うのが当然とはいえ、できるだけを弱めたいものです。臭いが強くなる原因は他にどのようなことがあるのでしょうか?

 

肉や魚を捕りすぎると体臭が増える?

一般に肉や魚、卵、乳製品は、デリケートゾーンに限らず体臭を増やすといわれています。実際のところ、通常の食べ方をしている限り食べ物によって体臭がそこまで変わるということはないのですが、肉や魚を食べすぎているなと感じる人は、少し控えてみても良いかもしれません。

 

不潔なオナニーは雑菌を繁殖させる

オナニーでイくこと自体が臭いの原因となることはありません。ですが、オナニーをするときの指やラブグッズに雑菌が付着していますと、いつの間にか繁殖して臭いの原因となることがあります。

 

まず、オナニーをするときは指をよく洗いましょう。ラブグッズにはコンドームを付けることを忘れずに。そして、オナニーの前後はちゃんとお湯で汚れを落としましょう。これだけで臭いは随分と違うはずですよ。

 

加齢による臭いは膣の自浄作用が低くなるせいだった

最後に加齢による臭いです。これはある程度どうしょうもありません。人間、年齢が上がると分泌物が減ります。分泌物の中には常在菌のように雑菌などを退治してくれるものもあるのです。それらが減ることで、膣の中で雑菌が繁殖しやすくなり、臭いが増すという仕組みです。

 

どうしても臭いが取れない場合、病気を疑う必要も

どうしても臭いが取れないという場合、すでに雑菌が膣内で繁殖してしまっているケースもありえます。細菌性膣炎などの病気にまで達してしまっている場合、洗浄などの対策ではどうにもなりません。他にはカンジダ膣炎、トリコモス膣炎、クラミジア膣炎、淋病などの可能性もあります。

 

パートナーとのセックスを控える必要がある病気も含まれていますから、疑いがあるならば産婦人科を受診するようにしてください。

 

デリケートゾーンの洗いすぎは逆効果。お湯や専用石けんで優しくケアしましょう

デリケートゾーンを洗いすぎると常在菌を殺してしまって逆効果です。洗いすぎは臭いを消すどころか病気を呼び込みかねません。通常の石けんの使用も避け、お湯やデリケートゾーン専用石けんをつかって優しくケアしましょう。