「全然気持ちくない・・」女性のバイブオナニーで感じる事が出来ない理由とは?

アダルトグッズとして、手を出しやすい商品としてバイブを上げることができます。マッサージ目的としても使うことが出来ますね。刺激自体も、触れる面が大きい為、クリトリスだけでなく全体に刺激を伝えることが出来ますし、ワンポイントローター等と比較しても刺激は強めです。

 

そんなアダルトグッズの王道的なバイブですが、バイブの失敗しない選び方や快感を得る方法など書いていきたいと思います。動画でもお話しています。

バイブの利用状況

あるサイトで3,000人に対して行われたバイブについてのアンケートによると、約8割の女性がバイブ経験者だといいます。さらに、バイブを所有している女性の数は約4割で、2個以上持っている女性は1割強という結果になっています。私は、現在バイブの全ての所有数は8個はあるので、0.001%くらいかもしれませんね(笑)

 

限られた女性に対してのアンケートとはいえ思ったより多くの女性がバイブ経験者だというのは少し驚きです。ちなみに、バイブを含むアダルトグッズへのイメージは、「恥ずかしい」「興味がある」が全体の約7割を占めています。

 

また、使用したことがない女性のうち9割近くの女性が「使ってみたい」や「機会があれば使ってみたい」という回答をしています。こうしてみてみると、バイブに対する女性の興味は非常に高いものと言えることから先述の購入割合の高さもうなずけます。

 

バイブに対する女性の思い

前項でも触れましたが、意外と多くの女性がバイブを使ってみたいと思っていることがわかりました。では、具体的にどんな思いを抱いているのでしょうか。多くの女性は、彼氏とのセックスの感度を向上したいと考えているようです。また、ストレス解消や睡眠不足解消など精神的な圧迫の開放にも役立てている女性もいます。

 

ところで、気持ちいいと言われているバイブを購入して使ってみたもののそれほど感度を得られなかったという女性もいます。その原因の多くは、脳が性的興奮をしてないことです。次項でそのメカニズムについて詳しくお話します。

 

バイブで感度を得られない理由

女性は、男性と違って脳で感じるといいます。それはセックスでもオナニーでも同じことで、バイブで感度得られない原因の一つは、バイブで感じるイメージが脳内でできていないからです。言い換えると、脳が性的興奮をしていない状態ということです。男性とのセックスを思い出してみてほしいのですが、抱かれたいと思っているときは、キスだけでも脳がとろけるほど感じていると思います。

 

それが、同じ相手でも悩みごとや気になることがあるときは、セックスに集中することができず、時には苦痛に感じてしまうこともあります。バイブを使うときも同じでバイブでオナニーすることに集中できていない可能性があります。もし、バイブに対する不安や不信感ならまずはそれを払拭することから始めましょう。

 

ちなみに、多くの女性がバイブで感度を得ていますが、その理由はバイブに過度な期待をしていないことと、バイブに対する不安や不信感がないことが挙げられます。バイブを使えば簡単に感度を得られるというわけではないので、バイブを使う際には、自分なりに性的興奮度を高めておくことも大事です。

 

バイブ購入で失敗しないためには

バイブで感度を得るためには、正しい使い方を知ることと自分なりに工夫することが必要となってきます。正しい使い方は、購入後の取扱説明書を一読するほか、購入前にすでに購入した人のレビューを参考にします。レビューで重要なのは、「思っていたのと違った」というマイナスのレビューに目を通しておくことです。

 

人が使うものなので参考にならないと思うでしょうが、同じような内容のマイナスレビューが複数存在する場合は、別途検討する必要があります。マイナスレビューの中には、感情的に「全く気持ちよくなかった」という感じで投稿されているのですが、そういうレビューは分かりにくいのですが中には「私は〇〇なので合わなかった」などマイナス点を具体的に記載されているレビューは参考になります。

 

事前の検討を十分重ねても実際に使用してみると使用感が違うことはどうしても出てきます。そんなときは「私には合わない」と使用を諦めるのではなく、使い方の工夫をしてみるのも必要です。思ったような感度を得られないケースの多くは、使用するときの環境が影響していることが挙げられます。

 

また、自分の膣にあったサイズを購入することも大事です。とは言うものの自分の膣のサイズを正確に知っている女性はほぼいません。彼氏がいる場合は、彼氏のサイズを参考にするか、小さめのサイズを購入してみてサイズアップしていって合うサイズを探すことになります。

 

下記の記事では、バイブの詳しいサイズ選びだったり、素材、機能性等、バイブ自体の選び方を説明してます。

バイブは危険!?女性の体に快感を与えるバイブの選び方、使い方

2018.05.16

 

バイブで感度を得るための方法

バイブを使って思ったような感度を得るためには、環境や自分に合った使用方法を見つけることが大事です。環境というと大げさに聞こえますが、脳に性的興奮を促すことに注力することで解決します。女性は男性と違って、脳で感じると言われています。そのことから脳が性的興奮に集中できないと感じるのは難しくなります。

 

逆に、何らかの方法で脳に性的興奮を与えられれば、思った感度を得られやすくなる言うことです。使用方法については、自分なりの工夫が必要です。まずはバイブを当てる角度や位置を調整してみてください。たとえば、挿入を浅くしたり深くしたりしてみるのもいいですし、腰を浮かしてみたり横になって試してみるのも1つです。

 

せっかく購入したバイブを楽しむためには楽しむための工夫が必要なことも出てくるということです。

 

バイブで感度を得られないときに試してほしいこと

前述の方法でも思ったような感度を得られない場合に試してほしいのは、ローションを使う方法です。感度が得られない原因の1つに、膣内が十分に潤っていないことが挙げられます。そこで膣内に潤いを与えられるローションを活用するということです。

 

ローションは、バイブ使用時だけではなく指で触る場合にも効果的で、ローションのヌルヌルとした感覚が性的興奮時の潤い方に似ていることから脳が錯覚を起こしやすくなります。さらに購入したバイブを違う形のものに変えてみるのも違った感度を味わえるので意外とおすすめです。

 

たとえば、スイングタイプのバイブからクリトリス専用バイブのついたものへの変更やサイズを変えてみるなどです。クリトリス専用バイブがついたタイプの場合は、膣内とクリトリスに同時に刺激を与えられるのでおすすめです。中イキの為の開発としても有効です。

 

また、サイズを変えてみるのも密着度が増すなど感度アップが期待できるのでおすすめです。それでもだめなときは、女性専用のアダルト動画をネットで探して気分を高めるという方法あります。先に紹介したとおり、女性は脳内でエッチなイメージをすることで感度がアップし、膣も濡れてきます。

 

ただし、男性が見るようなアダルト動画の場合は、逆効果になることもあるので注意が必要です。そういう意味では、女性の感度が上がる方法は、女性がよくわかっていると言えます。だって、膣内をガーって激しくしている物を見ても、「痛そう」ってしか思えないですもんね。

 

私がいくつかバイブを使った中で良いなって思う物をランキング形式でも紹介しています。

私の本当のおすすめのバイブはこれ!バイブの比較・ランキング 

2018.06.25

 

バイブは体だけではなく心も気持ちよくしてくれるもの

ここまでバイブについてお話してきましたが、バイブは単なるアダルトグッズではないということです。バイブを購入して使っていると女性の多くがストレス解消の手段としてバイブを使っています。そのストレスの中には、男性とのセックスによるものなど性的なものだけではなく日常で感じるストレスも含まれます。

 

バイブを使うことでそういったストレスの解消に繋がり、睡眠不足が解消したという女性もたくさんいます。あまり人には言えないことですが、ストレスに悩んでいる女性には是非一度試してほしいと思っています。また、男性とのセックスにおいてもストレス解消だけではなく、新たな刺激を得られることで円満にもなると言われています。

 

特に最近マンネリだなぁと感じている女性は男性と一緒に使ってみることを考えてみてはいかがでしょうか。ただし、男性のサイズより大きいものを購入しないよう気をつけてください。せっかくの試みも逆効果となってしまうことは言うまでもありません。