海外では常識のパイパン(ハイジニーナ)を取り入れるべきスゴいメリット

アンダーヘアを剃ってツルツルにすることを「パイパン(ハイジニーナ)」といい、海外では衛生面を考えて常識の行動となっています。今回は、海外では常識となっているハイジニーナのメリットについてお話します。

 

パイパン(ハイジニーナ)のメリット

衛生面で効果的

パイパン(ハイジニーナ)とは、日本語で言うところのパイパンのことで、アンダーヘアをきれいに剃ってしまうことです。自分で剃毛するケースや脱毛するケースなどパイパンの仕方はさまざまです。

 

ところで、パイパン(ハイジニーナ)にする理由の多くは、衛生的に効果があるためです。というのも、アンダーヘアには尿やオリモノなどが付着してしまうので、雑菌が繁殖し嫌な臭いを発してしまいます。特に生理のときの効果は大きく、ナプキンで蒸れているデリケートゾーンが痒くなったり臭いを発したりしますが、パイパンにするだけでそんな心配はなくなります。

 

このパイパンは海外では常識となっていて、ハイジニーナという言葉は、衛生という単語から生まれたと言われています。

 

臭いが発生しにくい

前述でも触れましたが、アンダーヘアには尿やオリモノ、生理の時の経血がついてしまい、どれほどきれいに拭きとったと思っていても残っています。

 

その残ってしまった付着物に雑菌が繁殖し、嫌な臭いを発してしまいます。特に外出中の場合は、シャワーなどできれいにすることができないので、時間が経てば経つほど雑菌の繁殖が進み、臭いも強烈になってきます。

 

ところが、パイパン(ハイジニーナ)の場合は雑菌が繁殖するアンダーヘアがないので、雑菌が繁殖することもなく、結果的に臭いを発生しにくい環境になるということです。このことからも衛生的に効果があるということで、海外では常識ですし、日本でも取り入れている女性が増えてきていると言われています。

 

アンダーヘアの処理が必要ない

パイパン(ハイジニーナ)にするとアンダーヘアの処理が必要なくなります。普段こまめにしている方はご存知だと思いますが、アンダーヘアの処理は意外と面倒な処理です。たとえば、ハサミを使って短くカットすると、エッチの際にチクチクすると男性には不評だったり、温泉などで下着姿になる際にも中途半端に毛がはみ出てしまったりします。

 

また、夏に海やプールにでかけた際に毛がはみ出ていないか常に気にしていなければなりませんが、パイパン(ハイジニーナ)にしておけばその心配もありません。このことからも衛生面だけではなく、デリケートゾーンのお手入れにも効果を発揮するので、お手入れの手間が大幅に省けます。

 

クンニを頼みやすくなる

女性にはわからないのですが、パイパンに興奮する男性は意外と多いと言います。パイパンにしたらあんなに嫌がっていたクンニを進んでしてくれるようになったという話も聞きます。男性が進んでクンニをしてくれる理由は、「クンニしやすい」、「臭いがない」、「なんとなくエッチに感じる」というものです。

 

ここでも臭いに関する理由が挙がっているように、クンニをするとちょうど男性の鼻がアンダーヘアーの位置に来ることから臭いを感じやすいということかもしれません。逆にパイパンの場合は、アンダーヘアに触れることなくクンニができるので男性には色んな意味で好評というわけです。

 

Tバックやセクシーランジェリーを履きやすくなる

Tバックやセクシーランジェリーには、女性が喜びそうなデザインが多くラインナップされていますが、デリケートゾーンのお手入れが大変なことから諦めている女性が多いのも事実です。では、なぜTバックやセクシーランジェリーを身につけたいかというと、女性としての自信が持てることと気分が上がるということです。

 

さらに、Tバックやセクシーランジェリーを履いて彼に会った時の彼のリアクションは女性が想像する以上のものとなります。その時の喜びが忘れられず、彼の喜ぶ顔が見たくてTバックやセクシーランジェリーを履き続けるとも言えます。

 

アンダーヘアが落ちて困るということがない

ところで自分の部屋を掃除している時にアンダーヘアが落ちていることに気がつくことがないでしょうか。どんなに気をつけていてもいつの間にか落ちていたりします。自分で気づいたのならいいのですが、彼や友達に気づかれてしまうと恥ずかしさで穴があったら入りたくなるほどです。

 

また、彼にクンニしてもらっているときに自分のアンダーヘアーが口の中に入ってしまって、お互いに気まずい雰囲気になることもなくなります。このことからもアンダーヘアのことが気になって、エッチに集中できなくなったり、友達との会話に集中できなくなったりということはなくなります。

 

アンダーヘアに付着物がつくことがない

臭いのところでも少し触れましたが、アンダーヘアにはさまざまな付着物がついています。その中には、トイレで尿をしたあとのトイレットペーパーがあります。このトイレットペーパーの付着は、アンダーヘアーに隠れてしまって、自分では確認することが難しく、手鏡やシャワー等の洗浄でしか防ぐことはできません。

 

ところが、パイパン(ハイジニーナ)にすることでアンダーヘアに邪魔されることがないので、トイレットペーパーなどの付着物が発見しやすくなります。ちなみに男性の多くは、シャワーを浴びずにエッチをしたがります。そうなると付着物を取り除く機会がないので最悪の場合は、白い塊がくっついたままを見られてしまうことにもなりかねません。

 

いろいろな開放感にひたれる

パイパン(ハイジニーナ)にしたときにまっさきに感じるのは、とてつもない開放感です。アンダーヘアーがあるとゴワゴワ感が残りますが、パイパンにすることでその違和感はなくなります。また、パイパンにしておけばエッチの時にアンダーヘアが気になることもないので気分の赴くままにエッチを楽しむことができます。

 

パイパンならアダルトグッズを試してみたい

パイパンにするとアダルトグッズを使った時の刺激の感じ方が格段に上がります。その理由は、アンダーヘアーによる妨げがなくなるからです。そのため、パイパンにしたときにおすすめのアダルトグッズは、小刻みに振動するローターかクリトリス専用バイブ付きのバイブです。

 

アダルトグッズにはバイブもありますが、バイブはどちらかというと膣に挿入して使用するものなので、パイパンだからというメリットを感じることはありません。ちなみに、アダルトグッズはネット通販でも購入できるので誰にも知られることなく購入することができます。

 

あわせて知っておきたいパイパン(ハイジニーナ)のデメリット

パイパンにするメリットについてお話してきましたが、パイパンにすることによるデメリットもあります。ここでは、パイパンにすることのデメリットについてお話します。

 

温泉などで恥ずかしい

パイパンが増えてきているとはいえ、女性全体から考えるとまだまだ少数です。そのため、旅行先の温泉など人前で裸になる時には恥ずかしいと感じることもあります。また、少数派ということもあって、パイパンではない女性から好奇の目で見られることもあります。現時点ではそのくらい珍しいことだということです。

 

こまめな処理が必要

パイパンにするには、自分で処理する方法とサロンでの脱毛がありますが、可能なら脱毛サロンでの脱毛をおすすめします。サロンに行くのが面倒だからと自分で処理した場合は、処理後が赤く腫れたり、化膿したりするなどかえってストレスがたまります。

 

衛生的にもハイジニーナはおすすめ

今回は、海外で常識となっているハイジニーナについてお話しました。ハイジニーナとは日本で言うパイパンのことで、日本でもパイパンにする女性が増えてきています。パイパンにする最大のメリットは、衛生的な面が挙げられます。

 

女性にはつきものの生理時の経血やオリモノなど臭いの原因になるものがあります。これらが嫌な臭いを発する原因は、アンダーヘアーに付着した付着物の雑菌です。パイパンにすることでこれら雑菌の繁殖を抑えることができます。気になる方はぜひお試しください。