男「イっていいよ!」まだイケない時はイクふり?正直に言う?

 

まだ全然イク感覚ではないのに「イっていいよ」と言われたことありますか?「いやいやいや!!全然イキそうじゃないけど!?」って思うけど、高まっている彼を見るとイク演技をするべきなのか…こっちとしてはどういう対応をするべきなのか悩みますよね。そんな時にイクふりをする女性は少なくないようです。

 

私もイクふりはしたことありますよ。やっぱり体身体の相性もありますし、その時の体調も大きいですよね。あとは面倒くさい時(笑)人によって考え方は違うと思うけど、私はイったふりは優しい嘘かな、とは思います。こんなとき一般的にみんなはどういう風に乗り切っているのでしょうか。

ゆいぽむ
イったふりは、将来を考えたパートナーにはしない方がいいかな…でバレてこじれたら大変だしね…

イったふりをする

一番多いのが「イクふりをする」です。まあ、無難ですよね。相手のプライドも傷付けず、手っ取り早く行為を終えることができます。もし自分がイキたいならこの手はおすすめできないですが、別にイかなくてもいいや、というときイクふりをしてしまうのが楽ですね。

 

やっぱり男性としてはイかせることにプライドを持っている人が多く、女性がイかないとショックを受けてしまうようですね。そんなこと言っても女性がイクって意外と大変なんですよね…外イキならまだしも、中イキができないという人も結構います。

 

実際私も中イキを覚えるのには苦労しましたし、身体の相性によってはイキにくい、イケないことだってあります。ですが男性はそのことを知らない人がほとんどで、イかせることに全力をかけてきます(笑)イかせることが男のステータスみたいな感じですね。

 

イクふりのポイントとしては「呼吸」「表情」「声」「ビクビクする」このあたりを意識すればばれないです。

呼吸

イキそうなタイミングに合わせて浅く「ハァ、ッハァ」みたいに。イクとき止めるのもあり。上手く喘げるなら喘ぐ。

表情

目をぎゅーっとつぶる、表情を崩す。

ビクビクする

体を震わせる、膣を締める。もし膣を締めることができなければ肛門をキュッキュッと締めるイメージ。
ぎゅーって抱き着いちゃうのもありです!

 

イッたことがあればその時を思い出して、イメージしてみて下さい。あまりにオーバーにやりすぎちゃうのもばれやすい原因なので、適度に控えめにやりましょう。こっちだって気持ちよくなりたいけど、男性を立てるなら(面倒くさいならw)この方法が一番きれいに収まりますよ。

ゆいぽむ
なんでテクのないクソ男の為にこっちが悩まなきゃいけないんだよー!!!

イけないことを伝える

普段はイケて、今日はイケないだけなら素直にイケそうにないことを伝えるのもありですし、「体調が優れない」とか伝えるのも1つですね。言い方によっては雰囲気を壊してしまう事もあるので、注意が必要です。

 

1回もイった事が無い人がイクふりをすると失敗する可能性が非常に高いので、素直に「イッタことがない」と伝えるのが無難でしょう。男性はそれに喜んで頑張ってイかせようとしてくるかもしれませんが、「イク感覚が分からない」とか「イキ方が分からない」とか言って乗り切りましょう。

 

一回もイッた事が無いとイク感覚がなかなか掴めず難しいんです。なので気に病まず練習あるのみです!そこを分かっていない男性が多いのも事実なのです…外イキはできても中イキはできない、というパターンが多いですね。男性が中イキの特訓を理解して付き合ってくれるならいいですが、そうでない場合はオナニーで特訓してみましょう。

ゆいぽむ
イッたふりは心が痛いし、毎回イクふりをするのは嫌な人は素直に言った方がいいね…

イくまで頑張る

わざわざイッたふりをしたり、イケない、で終わるなんて嫌だ!!私だってイキたい!もちろんそんな日だってあります。女性だってイク権利はありますからね!

 

「っ、イっていいよ!」「えっ!?まだイケないよ、頑張って!」なんて言えません!!そんな時は「まだイキたくない…体位変えよう?」これにつきますね。もっと自分と繋がっていたいんだ…っていい方向に考えてくれます(笑)

 

もし男性が疲れているようなら騎乗位で自分で頑張るのも手です!頑張って腰を振ってくれる男性に悪い、っていう気持ちからイクふりをする女性が多いので、女性から騎乗位に誘導して休んでてもらうのもありですね。

ゆいぽむ
自分で動いて気持ちよくなっちゃえばいいんだよ!

 

あなたの性格によってイケないことを伝えるか、イッたふりをしてパパッと終わらせちゃうかは様々ですが、SEXは2人で楽しむためのものです。

 

セフレとか1回だけの行為なら適当にしちゃっていいと思うけど、真剣な付き合いの場合はしっかりと伝えて、改善策を練った方がいいかもしれません。